最新情報

グローバル人材育成の交流ラウンドテーブル「グローバル化する大学の職員像を考える」(開催日:2月28日)

【趣旨】
 本ラウンドテーブルは、グローバルに競える大学を目指し、国際化と教育改革を本的に進めようとする本学の動きを見据え、グローバル化したキャンパスの中で将来本学職員が担うべき役割や求められる資質などを具体的に考える一つの契機とするために開催するものです。
 今回のラウンドテーブルでは、英語による大学専門教育や国際教育交流の点で、国内屈指の実績を持つ7つの大学の事務職員の方々を外部ゲストとしてお招きし、本学のグローバル化を推進するグローバル・コモンズ機構の職員を交えて、「グローバル化する大学の職員像を考える」というテーマの下で、報告と討議を行い、グローバル化時代の大学職員のあり方を考えるきっかけの一つにしたいと考えます。

【日時】 平成26年2月28日(金曜日)15:00~17:45

【場所】 総合研究棟B 112講義室
     アクセス:関東鉄道バス「第1エリア前」バス停下車徒歩3分

【テーマ】「グローバル化する大学の職員像を考える」

【開会挨拶】ベントン・キャロライン (筑波大学 国際担当副学長)
      坪井 美樹 教授(筑波大学 グローバル・コモンズ機構長)

【報告・討論者】
秋山 和男 氏 (筑波大学 国際部 部長)
磯貝  健 氏(国際教養大学 事務局次長兼国際センター長)
中川 正志 氏(新潟大学 研究支援部国際課 専門職員)
高橋 史郎 氏(早稲田大学 アジア太平洋研究科 アジア太平洋研究センター 事務長)
澤田 博昭 氏(立命館大学 国際部 BKC国際教育センター 国際部留学生課 課長)
谷口 隆秀 氏 (同志社大学 国際連携推進機構 国際センター 国際課長)
澤谷 敏行 氏 (関西学院大学 国際連携機構事務部 部長) 
日野 智志 氏(立命館アジア太平洋大学 アカデミックオフィス 課長補佐)

【閉会挨拶】 丹藤 勝次(グローバル・コモンズ支援室長)

【司会】 臼山 利信 准教授(筑波大学 人文社会系・外国語センター)

【主催】 筑波大学グローバル・コモンズ機構

【協力】 筑波大学国際部、筑波大学外国語センター、筑波大学留学生センター、筑波大学地域研究
     イノベーションプログラム(ASIP)、筑波大学人文・文化学群、筑波大学社会・国際学群、
     筑波大学中央アジア事務所

ファイルダウンロード1