留学までの流れ

留学には1年以上の準備が必要となります。
また、協定校の募集は年に一度しかない場合がほとんどです。
チャンスを逃さないよう早めに情報収集することが大切です。

(1)プランニング・情報収集
  ・家族に相談
  ・留学計画、目的の明確化(いつ、どこで、何を勉強する?)
  ・留学に必要な英語の勉強を進める

(2)指導教員・クラス担任に相談 → WEBにて協定校の情報を確認
  ・交換留学希望を報告
  ・いつ、交換留学するのがよいか
  ・交換留学前後の筑波大学での単位習得は、どうなる?
  ・帰国後の進路は?

(3)連絡調整責任者に相談
  ・大学の詳細
  ・交換留学決定までの流れ(渡航時期、申請時期)
  ・必要な語学能力の確認
  ・必要提出書類を確認

・・・留学先が決定したら・・・

(4)交換留学申請、願書作成、出願
  ・希望協定校担当の連絡調整責任者へ、必要書類提出
  ・連絡調整責任者による選考
  ・協定校へ願書提出

(5)入学許可・入学手続き
  ・協定校から「入学許可書」「在留資格認定書」などを入手
  ・協定校へ必要書類提出 ※留学先により異なる
    (「授業科目登録」「学生宿舎の申請」など)

(6)渡航手続き
  ・パスポート
  ・VISA
  ・航空券
  ・保険加入
  ・外貨購入、送金手続き
  ・在留届提出(在外日本公館へ)

☆所定の期日までに「留学願」及び、必要書類を
 支援室に提出することもお忘れなく!