在留資格認定証明書の代理申請

外国人研究者の受入に係る在留資格認定証明書代理申請業務

 グローバル・コモンズ機構では、本学が雇用もしくは受け入れる外国人教員、外国人研究員、外国人受託研究員等
(以下「外国人研究者」)の来日時の査証(ビザ)発給のため、法務省入国管理局への「在留資格認定証明書」の代理
申請について、以下の通り取扱います。(項目をクリックすると説明ページへ移動します。)

    1. 対象者
    2. 代理申請の業務内容
    3. 代理申請申し込み方法
    4. 代理申請申し込み期限
    5. 代理申請に必要となる書類
    6. 代理申請の流れ
    7. 留意事項
    8. Q&A
    9. 照会先

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  【在留資格認定証明書とは】
    日本に上陸しようとする外国人の日本における活動が、上陸のための条件に適合しているかどうかに
   ついて、法務大臣が事前に審査を行い、この条件に適合すると認められる場合に交付される文書です。
    外国人が、日本国領事館等で査証の申請をする際、在留資格認定証明書を提示すれば、法務大臣の
   事前審査を終えているものとして扱われるため、査証の発給に係る審査は迅速に行われます。また、入
   国港において同証明書を提示すれば、入国審査官は在留資格に関する上陸条件に適合する者として取
   り扱いますので、上陸審査も簡易で迅速に行われます。

 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -